皺や弛みを回避するには正しい洗顔が大事です

日頃から、保湿ケアをていねいに施していく事で、乾燥小ジワやタルミの無いお肌を保つことが出来ます。緩みや、しわの少ない皮膚をめざす為には、肌にいいと言われるものを意識して毎日の献立にとり入れたり、たるみ予防のためのアロママッサージを続けていくことが大事です。

季節の移り変わりによって紫外線の強さは変わるのですが、一年をを通じて常に近紫外線対策をするべきだと言われるようになりました。UVで膚を焼く行為は、数年前までは多少の日焼けであれば身体によいとされていましたが、今日ではUVは皮ふを損ね、ダメージを与えるものとされています。

強い紫外線を受けた肌は細胞が破壊されて、皮膚を傷めてしまうので、避けた方がいいといいます。膚にUVを受けてしまうと、それが原因でシミができたり、肌の水分が奪われてしまいます。

アルケミーでスキンケアをしっかり行い、皮ふから失われていく水分を肌に充分に補給することで、UVからの影響を抑える事が可能になります。オイルインクレンジングフォームを用いて洗顔する時には、毛穴の汚れがするりと浮いて洗い流せるように、膚にそっとオイルインクレンジングフォームの泡を乗せます。

メイク落とし後の洗顔も同様に、よく泡立てた洗顔フォームを肌にそっと乗せ、ゴシゴシ擦ったりせず、泡を滑らせるイメージでお顔を撫でながら洗います。30度から32度のお湯でフェイスをすすぐことも、顔洗において非常に重要なポイントです。35度以上のお湯で顏を洗うと、お肌の1次バリア機能を担っている油分まで洗い流すことになってしまいます。

メイク落としと泡洗顔が終わったら、お肌がちょっと湿った状態の内に拭き取りローションをたっぷり用いて皮膚に馴染むようにハンドプレスで浸透させた後に、乳液でふたをします。

強い紫外線の影響で乾燥気味の膚でも、入念な洗顔とスキンケアを心がける事で、お膚に欠かすことが出来ない潤いを補っていくことが可能なのです。