紫外線光によって陽焼けが起きる肌のからくり

長い時間、UVを浴びていると日焼けする事は、だいたいの人が理解してます。日に焼けてしまう原因である紫外線というものは、いったいどういった物でしょうか。

太陽光というのは、太陽光線の1つであって、性質をA波・B波、C波と大きく3つに分類する事が出来ます。ガラスみたいな透明な物では、UVA波というものをさえぎる事が出来ず、皮ふへ届くのです。ガラス窓越しに太陽の光を受けていた場合や、自家用車で移動をおこなうときでも、UVA波は受ける為肌焼けしちゃいます。

一方、紫外線光B波は雲で遮断されてしまうので、雲がかかっている日や、雨降りの日減ってしまうんです。天候により照射している量が変化している紫外線量とは、このUVB波なんです。

UVC波が日焼けに関わりはないんです。何故かと言うと、紫外線C波は雲を抜けられないからです。

A波というのは、硝子を通り抜ける事ができるため、お肌の奥深い部分の真皮にまで届いてしまいますが、有毒性で言うのならB波程度ではないといわれてます。

皮膚の日焼けしてしまうことを考えるとしたら、室内でUVを受けてしまうので、常に対策を実行する必要性のある紫外線なんです。お肌の色が小麦色になる事が、サンバーンの効果ではじゃないんです。シミや肌のくすみがふえて、肌のたるみや肌老化の元凶にもなってしまうものなのです。

UVで陽焼けをしちゃうのは、肌を防ぐのにメラニンを増加する、いわば防御反応なのです。褐色に焼けた皮膚は健康な印象を相手に与えますが、肌年齢の視点において考えるとお肌にとっては良い事とは言えないため、日焼けの対策が重要なのです。